Color'sイオンタウン湖南店
Q&A
電話 0748-72-5518 / 営業時間 09:00~20:00
>
コラム

新車?未使用車?中古車? 結局のところ どれが良い??

2022.04.23

 

車を購入したいけど、新車?未使用車?中古車?どれを選ぶのが正解??

 

 

自動車を購入の検討するにあたり、リーズナブルな中古車にするのか?それとも思い切って新車にするのか?未使用車も気になる!
こんな事を思い迷われた事ありませんか?
当店でもお客様との商談の際に、よくご相談頂く内容ナンバーワンと言えるほど、皆さまが悩まれております。

この手の質問を新車ディーラーさんや、中古車専売店さんに聞いても答えは決まってます!
トヨ〇のディーラーへ行って、「どこのメーカーの車が良いですか?」と質問するくらい愚問ですね(笑)

カラーズイオンタウン湖南店は、全メーカー新車・未使用車・中古車の総合販売店として幅広く取り扱いしている為、それぞれのメリット・デメリットを熟知しております。
総合販売店ならではの目線でお客様が車選びで失敗する事の無いよう、そんな疑問に本音でお答えしていきます。

なおこの記事は2022年4月に書いております。
情勢やその他様々な要素で、未使用車・中古車相場や新車価格・納期等が変わりますので当記事の内容が当てはまらないケースになる場合もございますのでご注意下さい。

 

 

自動車購入時のポイント

新車・未使用車・中古車を問わず、自動車の購入を検討する上で何を重視するのかは重要であり、難しいポイントです。
たくさんの要素がある中で大きくは ①ライフスタイル・使用目的 ②デザイン等の好み ③価格・予算 の3つのポイントではないでしょうか?

 

①ライフスタイル・使用目的とは、
自動車を使用するにあたり家族数人で旅行等に使用したい場合は1BOXワゴンが候補にあがり、近場の買い物だけの使用の場合であれば軽自動車やコンパクトカーなどが候補になりやすいでしょう。

実際の使用形態・状況を考慮の上、使用目的にあった使いやすい車種を選択する必要があります。

 

 

②デザイン等の好みとは、
やはり自動車は洋服のように好みも重要になってきます。いくら便利で使いやすくても好みでないデザインや色の自動車は乗りたくないものです。
感覚的に気に入った自動車に乗る事が、愛着を持って長くその自動車に乗り続けられるコツです。

 

 

③価格・予算とは、
購入時にいくらの予算で購入するかを決めるのも難しい事です。一般的には同じ車種・グレードであれば新車→未使用車→中古車の順に安くなっていきます。

 

 

それ以外にも燃費や維持費など気になる要素が多い事も自動車選びが難しい要因です。
購入時の予算も大事ですが、購入後に必要な維持費も充分考慮しておく事も大切です。

上記3つの要素は、新車・未使用車・中古車によって特徴・考え方が変わってきますので、詳しくは以下の項目でそれぞれご説明していきます。

 

 

新車と未使用車と中古車について

 

それでは、新車・中古車・未使用車 それぞれの定義と特徴を見ていきましょう。

 

 

新車

 

 

新車とは?

新車とは国内において初度登録あるいは初度検査が実施される以前の自動車と定義されます。
一般的にはお客様が発注頂いた、車種・グレード・色・メーカーオプシャン等に基づいてメーカーの工場にて生産されます。
その生産された自動車を発注頂いた方名義で登録された自動車が新車です。

 

新車のメリット・デメリット

新車の主なメリットは ●誰も使用していない新品状態なので安心 ●好きなグレードや色・メーカーオプションが選べる
新車の主なデメリットは ●価格が高い ●納期が未使用車や中古車と比べ長くなりやすい などです。

 

新車購入のヒント

新車の購入を検討する際、ディーラーへ行きますか?自動車販売店へ行きますか?
ディーラーとは自動車メーカーと特約店契約を結んで、車を販売している店舗を指します。
自動車販売店とはメーカーと特約店契約を結んでいない店舗を指し、自動車販売店はディーラーを経由してメーカーから新車を仕入れて販売します。カラーズも自動車販売店です。

新車購入の際、少しでも安く買いたいですよね?
自動車販売店で新車を購入するとディーラー経由で仕入れを行っているので、中間マージンが必要なのでディーラーで購入するよりも高くなるイメージがありませんか?

答えはNOです。
実際、自動車販売店は新車の仕入れ価格でディーラーよりも安く仕入れる事は難しいです。
しかしディーラーは車種ごとに値引き枠が決められている事が多いので、カラーズでは薄利でもディーラー値引き額に負けない値引き金額を提示させて頂いております。
また、ディーラーでは付属品を純正品で見積りされるされる為に総額が高額になりがちですが、カラーズでは社外品でリーズナブルに取付できるものでご提案させて頂く事も可能です。
そして下取車も、自社展示場で直接販売出来ますので下取査定金額もディーラー査定額よりも自動車販売店の方が有利になる事が多いです。

新車購入の際にディーラーで購入の一択で決めてしまわずに数店舗回って頂き、新車本体価格+付属品+諸経費-値引き-下取査定額がトータル支払い金額となりますので、最終的な支払金額を比較して検討頂く事が安く購入できる秘訣です。
ディーラーにて提示された見積りを試しにカラーズへお持ち下さい。
ケースによりますが、トータル支払い金額が数十万円も変わる事も珍しくありませんので、是非比較検討される事をおすすめします。

新車の商談をディーラーで行う場合のメリットは、なんと言っても専売ですので展示車や試乗車が用意されているので、検討中の車を実際に見て触れて乗れる事ではないでしょうか。
また自動車販売店での新車商談のメリットは、専売ではなく様々な車種を取り扱いし熟知しておりますので、メーカーの垣根をこえた広い視野でご提案が出来る事です。
新車ディーラーは自社取り扱いメーカーを販売する事が仕事の為、自社商品に詳しい反面、他メーカーの自動車の知識には乏しく、それ以前に自社商品以外を勧める事は絶対にありません。

ディーラーと自動車販売店、どこで新車を購入しても同じではありません。それぞれメリット・デメリットがありますがので上記のポイントに注意して、まずは様々な店舗に回り実際に比較してみて下さい。

 

 

未使用車

 

 

未使用車とは?

未使用車とは、正式には‘’登録 (届出)済未使用車‘’ と言います。
かつては ‘’新古車‘’と呼ばれてましたが、‘’新車‘’と紛らわしく勘違いされるケースもあったため、現在は‘’新古車‘’という表現は禁止となりました。
未使用車の定義はメーカーで生産された自動車が陸運局に車両登録(届出)されたが実際には使われていない自動車です。

少しややこしいですが、1カ月乗っただけの非常に程度の良い自動車や、自動車販売店が試乗車で使用した自動車などは未使用車では無く中古車です。
なぜ使用しないのに名義登録(届出)だけ行われているのかというと、早い話しが新車販売ディーラーの販売実績のノルマの為です。
新車ディーラーは、毎月の目標を達成する為に自動車を販売して登録(届出)しますが、目標台数に届かない事も多く販売の実績を作るためにディーラーの自社名義や、カラーズなどの販売店名義で登録(届出)する事により未使用車が誕生します。

 

未使用車のメリット・デメリット

未使用車の主なメリットは ●誰も使用していない新品状態なので安心 ●新車と比べ魅力的な価格 ●新車と比べ納車までが早い
未使用車の主なデメリットは ●グレードや色・メーカーオプションなどの選択肢が限られてしまう ●新車と比べ車検期間が短くなってしまう ●ワンオーナー車ではなくなる などです。

 

未使用車購入のヒント

カラーズの場合、未使用車は一度に大量に仕入れております。
まとめ買いしているので仕入原価を安く出来るカラーズと、台数が多いほどより多くの自動車を登録(届出)出来るディーラーはWIN WINの関係です。
安く仕入れているので、販売価格も安く設定できご提供出来るので、お客様ともWIN WIN WINです。

前述した通り、ディーラーの販売実績を作る為に発生する未使用車は、販売価格は新車と比べお安く提供出来るものの売れ残ってしまうと、価値(販売価格)が下がっていきます。
例えば、先月に登録したばかりで車検も35か月残っている未使用車と、1年前の登録で車検残りも24か月の車では、当然同じ価格では売れないので時間経過とともに販売価格を下げていきます。
自動車販売店は鮮度命の未使用を仕入れるにあたり売れ残りを避ける為に、人気車種・人気グレード・人気カラーの売れ筋に的を絞ります。
そういった理由から、未使用車市場は売れ筋の車種・グレード・カラーのラインナップに偏りがちになっております。

未使用車をご購入にあたり、お探しの車種・グレード・カラーが未使用車市場に多いか?少ないか?がポイントになります。
ご希望のお車が無い場合は、多少の妥協が必要となる事もあります。

 

 

中古車

 

 

中古車とは?

中古車とはメーカーで生産された自動車が陸運局に車両登録(届出)された後、人によって使用された自動車です。

中古車のイメージで「汚い」「傷だらけ」「すぐ壊れる」というネガティブなイメージをお持ちの方も少なくないのでしょうか?
確かにそういった廃車寸前の車も存在しますし、初度登録から数カ月しか経過しておらず、ほとんど使用されていない状態の良い中古車も存在します。
良質な自動車から粗悪な自動車まで存在するのが、中古車市場です。

 

中古車のメリット・デメリット

中古車の主なメリットは ●同じ予算でも新車と比べ選択肢が豊富 ●オプション装着やカスタム等がされている車両は、一から自分で装着するよりお得
中古車の主なデメリットは ●個体差により当たり外れが大きい ●希望の条件の車を見つける手間がかかってしまう。 などです。

 

中古車購入のヒント

前述しましたが、良質な自動車から粗悪な自動車まで存在するのが、中古車市場です。
新車や未使用車と比較して
中古車選びで難しいのは、状態の個体差の選定となってきます。
一見良さそうに感じるのに粗悪な中古車も存在します。
見た目の良し悪しは判断し易いですが、機関上の判断はなかなか難しいので、販売店の信頼度に委ねてしまうケースが多くなります。
良質の中古車を購入しても、機械である以上故障するリスクは避けられないので、やはりアフターサービスを安心して任せられ信頼出来る販売店を選ぶ事が大切です。

中古車の価格は主に、車種・グレード・カラー・装備・年式・走行距離・状態などで決まります。
それ以外にも人気によって大きく価格差があるのも特徴です。
例えば、車種Aと車種Bがどちらも新車販売価格が200万円であった場合、その中古車でどちらも3年落ちの走行距離が3万キロで状態も同じくらいであっても、車種Aの販売価格は148万円で車種Bの販売価格は89万円というケースもあります。
中古車を安く手に入れるという意味では、市場ニーズの低い、いわゆる「不人気車」「不人気色」は狙い目です。不人気車・不人気色であれば、状態のよい安価な個体が見つかる事も多いので選択肢の1つに入れてみるのも手です。

また、新車・未使用車ならベースの車にお好みのオプション装備品(ナビ・ETC・ドラレコ・エアロパーツ・アルミホイールなど)を装着していき、付属品の部分での費用もかさみがちになりますが、中古車なら前オーナーが既に装着済の車両も存在する為、お得に購入出来る事も多いです。

例えば上記プリウスの場合、『モデリスタエアロキット』『T-Connect 9インチナビ』『バックカメラ』『ドライブレコーダー』『ETC』など嬉しいオプションがたくさん装着済の中古車です。
こちらを全て新品で装着する場合は60万円以上が必要になりますが、当中古車は上記装備無しの中古車と比較して約15万円程のアップで販売しております。
とは言え、特にエアロやナビなどに拘りの無い方なら装着無しの中古車の方を選択した方が少しでも安く買えますし、見つけた中古車が自分好みのオプション多数でカスタマイズされている車両ならお得に購入出来るチャンスと言えます。

 

 

 

 

新車・未使用車・中古車別おすすめの方

 

新車がおすすめな方

新車が向いているのは、全てに拘りを持って、自分好みの車を追及したい方です。
新車は注文段階で好みにカスタマイズ出来るので、妥協なく納得の1台に乗る事が出来ます。
また日進月歩で進化し続ける自動車ですので当然、最新機能が搭載さてれいるケースも多いので、便利な機能をいち早く試したい方にもおすすめです。

 

 

未使用車がおすすめな方

未使用車が向いているのは、強い拘りは無いけど良質な自動車を安く購入したい方です。
新車と比べ、選択肢は狭くなりますがお気に入りの1台に巡り合えればリーズナブルに現行モデルに乗れるのが未使用車の特徴です。
中古車よりも多少予算を上げても高い安心感を求めて故障のリスクを低くしたい方は特におすすめです。

 

 

中古車がおすすめな方

中古車が向いているのは、初期費用を抑えたい方です。
機械である以上、新車や未使用車と比べ故障のリスクは増えますが、それらを踏まえても車両価格自体が安い事は大きな魅力です。
またオプション装備がたくさん装着していて魅力的な車両も多数存在しているのも特徴です。
人気車種や人気色を外しても問題ない方は、高年式・低走行の車両でも大幅に安価で手に入れる事も可能ですのでおすすめです。

 

 

 

総合販売店のカラーズへご相談下さい

新車・未使用車・中古車の特徴や選び方のご案内させて頂きましたが、自動車選びは本当に奥が深いものです。
それぞれの目的や価値観によって選択肢は無限大です。

自動車という高価な買い物で後悔・失敗したくない中で、最終的には最良のアドバイスが出来る販売店に出会えるかどうかが大きなポイントとなります。
カラーズでは新車・未使用車・中古車全てを取り扱う総合販売店としての知識とノウハウが自慢です。
多角的な車選びで、一番の選択が出来るよう全力でアドバイスをさせて頂きますので、どんな些細な事でもご相談下さいませ。